第3救済 慈喜徳会って何?

1 :神も仏も名無しさん:2019/06/09(日) 04:27:49.91 ID:63yFPD1i.net
新宗教でしょうか? 真如苑などで懲りたので、その手の団体なら敬遠したいが
実態がイマイチよくわからない。

カルトの罪業・・・陳腐、幼稚な言語表現力で(本来語れない筈のものを)無理やり語ってしまってる点
しかもニセ仏説(時には仏僧を偽装し、偽経とかから剽窃し、鰯の頭を仏と称するが如き偶像等々拝み火を焚き)を獲物たちに売りつけ儲けるべく企む
そんな如何わしい詐欺みたいなカルト商売ならやらんほうがマシ。
(本来、誰もが如来なのだから、
自分だけ如来で下々の者らは全部未満者で、金クレ人脈・金脈クレ労働力クレはインチキだから
カルトの真似などしては絶対ダメ)

で、ココはどうなんだろ?

2 :神も仏も名無しさん:2019/06/09(日) 06:28:00.40 ID:63yFPD1i

動画の内容だけ見ると伝統仏教かな?
と感じさせるのはカルトじゃないっぽい
動画によってはそう見えるけど
全部は見てないから
何とも

3 :神も仏も名無しさん:2019/06/09(日) 07:02:35.97 ID:63yFPD1i

(よその反面教師・犯罪的カルト団体の話)

犯罪に等しい事(いや、刑法に触れなければ何をやってもよい云々でなく、人として仏弟子としての重罪である)を
やれても理性・常識・良心があればやらない筈
それをやれてしまうのは貪り・狂気に走らせる安易な霊感道楽が産む痴情、ゆすりたかりの泥棒根性

4 :神も仏も名無しさん:2019/06/09(日) 07:39:50.44 ID:63yFPD1i

>「水ぶくれ真如苑〜急性地の秘密と欺瞞の構図〜」
何のための真如苑(1)からの引用
———-
第一に、歯止めを失ったネズミ講的組織拡張に走り、
 第二に、教主の極端な神格化をおし進め、
 第三に、教主のスキャンダルを弁護するために臆面もなく虚構の「法則」を創作し、
 第四に、対立教団との抗争に勝つためにえげつない技巧を弄し、
 第五に、これらのしめくくりとして、組織盲従人間を作り出すために霊感術を活用する

まず第一は、「宗教団体はどのように作ってはいけないか」という実例をまざまざと体現してみせることによって、後に続く人々への戒〔いまし〕めを世に残してくれたという功績である。

そして第二は、より積極的な意味として、現代日本という非宗教的な社会で、とにもかくにも、本当の宗教とは何かという問題を真剣に考える人間を、少なくとも何万人かは作り出したという功績である。

5 :神も仏も名無しさん:2019/06/09(日) 23:09:35.36 ID:n15xd9gk

Test

6 :神も仏も名無しさん:2019/06/10(月) 15:53:50.22 ID:lDaifJug

真 真 真?真如苑 Vol.52?嘘 嘘 嘘
https://life8.5ch.net/test/read.cgi/psy/1182176383/

7 :神も仏も名無しさん:2019/06/10(月) 17:16:36.50 ID:lDaifJug

8 :神も仏も名無しさん:2019/06/12(水) 05:27:43.56 ID:rVl46IF2

https://hbol.jp/193016/2
小川:大量死時代には葬儀のありかたが重要になりますが、創価学会などの一部例外を除き、そもそも立正佼成会や真如苑などの一般的な新宗教は葬儀を行わないという問題もあります。

これにはいろんな説があるのですが、一つは、葬儀をすると伝統仏教との軋轢が強まるため、しないことにしたとするものです。

私は東日本大震災の後に東北で真如苑を取材したのですが、
そのとき彼らから、「親族を失った人たちに泣きながら死者を弔ってくれと言われたが、真如苑では葬式を行わないので何もできなかった」という話を聞きました。
大量死時代にも同じことが起こる恐れがあります。

9 :神も仏も名無しさん:2019/06/12(水) 07:11:16.88 ID:rVl46IF2

親に真如苑の法要に行けと言われるのですが、行かないといけないのですか? 自分は行きたくないのですが、家族から「絶対に行け」と言われて困ってます….

良い表現ではないと思いますが、本人が感謝と歓喜心に満ちて信仰を受容するなら、それは良い信心と思います。
そうした気持ちが全く無く、何ら意味を見出せないのなら、当然無意味です。だからまず何が良いのか、行く意味について納得行くまで質問してみることです。その上で納得し、信仰する意味を自分の中で見出せたなら意味があると思います。
先のことを言っても早いかもしれませんが、自分のことを言えば、最初良くわからなかった時、(無明があった時)騙されて偽の意義を見出し、信心的なものを受容してしまった時期がありました。しかしこの宗教のシステムが悪いことに気づきました。
というのも、ここには智流院という教師養成用の学校がありますが、それの進級、修了条件におたすけと称する勧誘(を何人しなければならない等の)
実績を義務化するものがあり、それが巷で囁かれる無断入信の大きな原因の一つになっていることがわかったのです。
途中でバカバカしくなって辞めた社会的地位のある方も知っていますが、殆どの人は帳尻を合わせて、修了せざるを得ない形に追い込まれます。
自分はほぼ全過程履修しましたが、当初の熱意は完全に醒め、この宗教が全く無意味なものだという真実に気づく(無明が滅して明が生じた状態)に至りました。
また当然ですが、無断入信も一人も作りませんでした、もしそういうことをしたり、導き親に帳尻合わせのために頼ったりしたら、生涯地獄から抜け出せなかったことでしょう。
ただこの教えの虚構性、信仰を他に強制することの無意味さに気づけたことに関しては、意味があったように感じます。
多くの人々に誤った信仰の無意味さを伝える必要があると思っています。
(この団体のカルト性についても触れたかったのですが、非常に長くなりますので、他の機会に譲りたいと存じます)

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13208937213?fr=and_other

10 :神も仏も名無しさん:2019/06/12(水) 07:21:07.47 ID:rVl46IF2

友人に連れて行かれた新興宗教について教えてください

そのお友達は、智流院だか智流学院だかに行ってませんか? または何等かの霊位を相承するための会座に参座しようと
していませんか? この団体では様々なイベント(会座)参加や日曜学校の入学・進級条件に勧誘実績のノルマを課すため
無断入信、詐欺的勧誘行為をする動機が発生しているように思えます。
また仏教を偽装したカルト姓のかなり強い新興宗教というのがこの団体の実態でしょう。
信者を騙してマインドコントロールにかける特徴が随所に見られ、それではカルトとしかいいようがありません。
表向きは他に喜びを与えるとか大乗仏教なら当然の、耳に心地よく響くトークも使うのですが、
それを本当に実践するよう努力するのでなく、全部自己都合、教団の利益本位に捻じ曲げてしまいます。
結果的にそうなるのは当初の志とずれているのか、最初から偽善的意図で始まったからかは定かでありませんが、
ほぼ全部、仏教の要諦を踏み外しているように見えます。
接心といわれるものも仏教の禅定、八正道の正定からは遠く。架空の妄想世界に幽閉するための催眠誘導・暗示の技法でしか
無いとわかりました。
興味関心があるなら、少しは覗いてみてもよいかもしれませんが、被害を拡大させぬよう気をつけて観察して行くことが重要です。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11208924011?__ysp=55yf5aaC6IuR

わたしは家族で真如苑の信者です。小さい頃からそうで
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13208574018

11 :神も仏も名無しさん:2019/06/13(木) 05:16:54.59 ID:yaRVKPLA

いかに九次第定を極めるか
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1555424766/

12 :神も仏も名無しさん:2019/06/13(木) 06:05:18.14 ID:yaRVKPLA

【不正送金】統一教会は犯罪集団【訴訟資金10億】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1323974166/

13 :神も仏も名無しさん:2019/06/15(土) 07:50:06.49 ID:Fo7UwUUo

14 :神も仏も名無しさん:2019/06/15(土) 07:57:27.95 ID:Fo7UwUUo

祖父の認知症について。
祖父はある宗教の信者で何かあれば、宗教関連に結びつけます。あいつが俺を殺そうとしてるんだな。など妄想を話します。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11209080696?__ysp=5a6X5pWZ44CA5aaE5oOz

15 :神も仏も名無しさん:2019/06/15(土) 08:20:04.40 ID:Fo7UwUUo

真如苑の信者は若年性の認知症になるのか
さほど高齢でなくても、勧誘に応じない批判者や辞退者に攻撃的になったりします。
また被害妄想がひどくなり、教えに対する批判を
宗教弾圧ででもある風に大袈裟に解釈することがあります。
親族の方がお若い頃から宗教活動をしていたのだとすると
もともと認知の歪みを引き起こされていた上に
老年性のせん妄が加わって症状の激化に結び付いている可能性があります。
真如苑ならユニベール財団という施設があるようですが
在日韓国人優先で一般の日本人は対象外でしょうか?
いずれにしても専門家におまかせする段階かもしれません。
自治体には相談されてますか?

16 :神も仏も名無しさん:2019/06/15(土) 08:57:40.80 ID:Fo7UwUUo

オレオレ詐欺に騙された高齢者のニュースを見ても思うんですが、何でも疑うことなく信じ込んでしまう人って世の中には意外と多いんでしょうか?
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13209081408

17 :神も仏も名無しさん:2019/06/15(土) 09:47:18.18 ID:Fo7UwUUo

大学で良くMARCH以下は大学でないなどと発言し、日東駒専やそれ以下の大学を徹底的に婢下する方がいらっしゃいますがとんでもないですよ。
実はMARCHの中でも明治、法政、中央の三大学は、戦後に
朝鮮総連による圧力で、朝鮮籍の受験生は無試験で入れるシステムがあるのです。
これは知られていませんが事実です。早稲田もそう。
一般入試では確かに偏差値も高く難しい印象を受けますが、推薦で入る学生が多く、特に朝鮮総連系の子弟が多い。
そして上智、立教、青山などのいわゆるミッション系ですが、これらも日本籍でない家庭の子供さんの割合が高いです。
特にキリスト教系の統一教会やものみの塔といった地方に多い新興キリスト教系が多いです。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13208866803

18 :神も仏も名無しさん:2019/06/15(土) 09:56:08.35 ID:Fo7UwUUo

在日特権はいたるところに存在します。
TBSは在日と言われますが、当然カルトとも結びついています。
また新興宗教こそ振り込め詐欺の原型です。
騙す側も長年のノウハウの蓄積があるので洗練の極に達している面があります。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13208921353

19 :神も仏も名無しさん:2019/06/15(土) 12:02:51.28 ID:Fo7UwUUo

最近、教育の目的は洗脳だと思うのですが、間違っていますか?

自分もそんな風に思った事はあります。また米国では、公教育の目的を
「権威への反応を習慣づけ、良質な労働者、消費者を育てる」ことと定義する学者もいます。
確かに現代日本のような大衆社会の中でメディアによって制御され、集団組織とも上手く協調して生きる
ことのできる人間育成が期待されているのは間違いありません。
社会や環境との調和だけを強調するならそれは理想の教育徳目でもあるでしょうが、
メディア等によって操作されるとなると、これは悪い洗脳であり、有害な政治思想やカルト宗教の集団催眠とも大差が無くなってしまいます。
ですから調和する能力を養うのまでは洗脳でも何でもよいと思いますが、ある一線を超えた領域においては、
邪悪な存在に悪用されぬよう正しい批判力を身に着ける必要があると思います。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10209080500

20 :神も仏も名無しさん:2019/06/17(月) 13:04:15.61 ID:RKQ2Dhb/

成功してる人はみんな親孝行してる
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14208853439

21 :神も仏も名無しさん:2019/06/17(月) 15:35:15.17 ID:RKQ2Dhb/

新興宗教全体が悪いのではありません。
思想の自由とゆうだいじなものがありますしね。

問題となるのは、破壊的カルトや金儲け集団、宗教の枠をはるかに越えた権力を狙う集団などです。
こういった集団は入り口に魅力的なものを配置しています。
宗教、ボランティア、サークル、自己啓発、集団的熱狂、金儲け、親しく明るい仲間などなど。
故意にマインドコントロールを使うなど、悪質な集団も多いです。

最近は、自己啓発カルトも増加していますので、注意しましょう。

統一教会ではなく、統一協会といったほうが正しいと思います。

22 :神も仏も名無しさん:2019/06/20(木) 06:09:33.62 ID:fPNdJkjC

米国の祝日(マーケット休場日)
https://www.dai-ichi.co.jp/cx/guide/usa_holiday.asp

23 :神も仏も名無しさん:2019/06/20(木) 07:51:46.44 ID:fPNdJkjC

宗教学(初級108):大乗仏教(如来蔵思想) 〜 竹下雅敏 講演映像

24 :神も仏も名無しさん:2019/06/20(木) 18:44:05.98 ID:fPNdJkjC

カテゴリマスター
h0q********さん
2019/1/422:52:01
死後の世界ような事柄について何か知っているかのごとく言い触らす「霊能者」「宗教家」と呼ばれる人々はペテン師か、
そうでなければ、空想(思い込み)と現実を区別することのできない精神の病の持ち主(誇大妄想狂)です。
考えてみて下さい。彼らの視力は、霊界どころか、隣の家の冷蔵庫の中にさえ届きません。彼らの予知能力は、あなたがこれから食べる食事の内容でさえ当てることできません。彼らの洞察力は、同じ屋根の下に住む自分の家族の心の中にさえ届きません。騙されてはいけません。
仏陀は、死後の世界については
人間が知ることのできる範囲外なのだから、
ノーコメントでした。
一つは「人は死んでも永遠に生きる」という考え方。
もう一つは「人は死んだら無と帰す」という考え方。
仏陀は前者を「常見」、後者を「断見」とし、その両方を批判して、
無我・縁起の立場を「中道」と呼びました。
「毒矢のたとえ」、長尾雅人編集『バラモン教典・原始仏典』
人間は死後も存在するという考え方があってはじめて人は修行生活が可能である、ということはない。
また人間は死後存在しないという考え方があってはじめて人は修行生活が可能である、ということもない。
マールンキャプッタよ、人間は死後も存在するという考え方があろうと、人間は死後存在しないという考え方があろうと、まさに、生老病死はあり、悲嘆苦憂悩はある。

25 :神も仏も名無しさん:2019/06/20(木) 18:48:14.63 ID:fPNdJkjC

仏陀は、「死んでも魂が生き残る」などという
慰めの言葉も語りません。

こうして、「生まれた者どもは、死を逃れる道がない。老いに達し、そして死ぬ。
じつに生ある者どものサダメは、まさにこのとおりである。・・・
だから、人が死んで亡くなったのを見るとき、彼はもう私の力の及ばぬものなのだ、とさとって、嘆き悲しみを捨て去れ。(スッタニパータ、575〜590)」というのが仏教の死に関する考えでした。
仏陀の教えは、「現に証せられるもの」、つまり、現実の世界で実証できるものであり、
「時を隔てずして果報あるもの」、つまり、未来の果報を約束するものではなく、今ここでその結果が現れるものであり、また、
「来り見よというべきもの」、つまり、ここに来て自分の目で確かめよ、と眼前で示すがごとく、はっきりと知ることのできるものであった、と言うのです。
仏陀は、むしろ、死とは人間の終わりであり、そういうものだということをよく知って、生に執着すべきでないことを、教えています。
現実を直視してそこから逃げないことを仏陀は教えます。
これが、仏陀の思想のもっとも基本的な教えの一つである「無我」の思想です。
仏陀は人間の知識の届かない神秘的な事柄への言及は避けました。
祈祷や呪文や神への捧げものや宗教儀式や運命判断など、全く無意味であることを説きました。

26 :神も仏も名無しさん:2019/06/20(木) 18:49:27.99 ID:fPNdJkjC

神秘的な力によって何事かなそうというような夢事から目覚めて、何が人間の非苦の要因であるかを究明し、その要因を取り除く道を見つける人のことを、目覚めた人(ブッダ)と呼んだのです。

道なきところに道を開き、橋なきところに橋を架けた、
今は亡き先人の努力は、今でも私たちの生活を豊かにしてくれています。
死ぬと告知されて後、人生の最も有意義な時を送る人が沢山います。
短い命だからこそ、命が大切に思われ、一生懸命生きようとするからです。
自分は、単に生きているのではなく、先人の努力や家族や隣人や仲間達や
自然のおかげで生かされている存在でもあります。
これは、そのまま、死後の問題に続くわけですが、
好むと好まざるとに関わらず、一人の生は他の生と連なっていて、
そこには無化することのできない関係が厳然として存在します。
単純な事実は、自分が死んで塵と帰しても世界は依然として
存在し続けるであろうということです。
そして、自分が今日いかに生きるかということは、
その世界と無関係ではあり得ないのです。

27 :神も仏も名無しさん:2019/06/23(日) 09:44:04.70 ID:wWuQhJb7

ほんとうの法とは、直接師匠に教えを乞うかたちでないと、得ることはできないのです。
それは波長同通の法則があってこそのことであって、それを実践していたのが、
吉田松陰、佐藤一斎、をはじめとした、日本の儒家であって、そうした精神は
幸福の科学や真如苑には一切ありません。
ようするにとんでもない、モンスターをつくりだしただけで、吉田松陰は、
こうしたモンスターをつくってはならないと戒めていたわけであって、
大川隆法らには、そういう考えはまったくないということです。

28 :神も仏も名無しさん:2019/06/23(日) 15:24:53.52 ID:wWuQhJb7

成仏とは仏に成るという意味で慈悲の心を完全に体現できた人のことです。
慈悲とは地獄に在る人に救いの手を差し伸べたいと思う気持ちであり、
それを実践するのが成仏の道である菩薩行です。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10209128460

29 :神も仏も名無しさん:2019/06/23(日) 18:51:08.80 ID:wWuQhJb7

zys********さん
2019/6/1421:23:06
>仏教って今まで勧誘活動したことあるのでしょうか?

現代の新興宗教などの話は置いておき、釈尊の時代のお話をします。
まず結論から言えば「勧誘」はしません。
説法はしましたが、こちらから「入りなさい」などということは
ありませんでした。

当時(紀元前500年くらい)インドでもっとも普及していたのはバラモン教
でしたが、その他にもサマナ(沙門)と呼ばれる新しい思想運動を行う
自由思想家であり修行者がいました。(釈尊も成道前はその一人でした)
それらの人々が釈尊の元へきて教えを請うたり、問答をしようとしたり
して集まってくると、法を説き、それに感激して仏教に帰依するという
話が経典にはたくさんあります。
つまり(欲する人が集まってきた)ということです。
また釈尊の弟子に話によって(サンガ、仏教修行者の集団)に
入ってくる人もいました。

この釈尊の仏教をよく病院に例えられます。
「病気(悩みある人)が自ら来る」のですね。
病院の方から訪ねてきて「入りなさい」とは言わないのと同じです。

30 :神も仏も名無しさん:2019/06/23(日) 18:53:06.37 ID:wWuQhJb7

zys********さん
2019/6/1423:04:47
例えば釈尊の十大弟子の舎利弗(サーリプッタ)と
目連(モッガラーナ)は、道を求めて不可知論、懐疑
論者のサンジャヤの弟子となりましたが、その教えに
納得することができずに悶々としていました。
そんな中、王舎城の街中でサーリプッタは一人の托鉢
僧を見ました。
その立ち居振る舞いにただならぬものを感じ「あなた
の師は誰か?」と声をかけます。
それは釈尊の成道後の初転法輪の五比丘の一人アッサジ
でした。
アッサジは「ゴータマ.ブッダ」ですと答えると
「その師はどんな法を説くのか」とサーリプッタは
聞きます。
アッサジは「私のような未熟者が説くことはできない」
と辞退するのですが、なおも「何卒説いて欲しい」と
懇願され、アッサジはようやく口を開きました。

33 :神も仏も名無しさん:2019/06/26(水) 01:58:55.44 ID:Pq2lrw2S

仏教は、ウパニシャッドや他のインド思想、もっといえば
世界中の宗教と隔絶したものがあります。

それは「無我」です。
無我こそが仏教の核心部です。
仏教を学ぶためには絶対に無我から離れてはいけません。
『仏教はヒンドゥー教(バラモン教)から枝分かれ
したもの』というような学者もいますが、それはとんでも
ないボンクラと言わなければなりません。
それは無我が分かっていないからです。

>大乗仏教・如来蔵思想を正確に理解しようとした時に
どうしてもインド哲学との共通性に引っ掛かるのです。

それは大乗仏教にインド思想が混入しているから明確に
たて別けることができないからです。

引き摺り込まれないためには、絶えず「無我であること」を
心の芯においておく事です。

35 :神も仏も名無しさん:2019/07/02(火) 01:12:00.84 ID:h5rB+hBZ

38 :電話しろ:2019/07/04(木) 08:21:26.51 ID:wkAX3djV

39 :神も仏も名無しさん:2019/07/06(土) 05:51:36.91 ID:3GJ/Btn1

不動明王はヒンドゥー教のシヴァ
起源についての明確な出典等、ご存じの方にお尋ねします。
wikipediaを見ても、「とする説がある」と一行つけ足してあるだけですが、
今のあの記載は百科事典としては全く貧弱であり、他の情報量とのアンバランスというか、
まるでカルト宗教の杓子定規なトークの受け売りみたいです。
wikiがおかしいことも含め、
半ば常識化している事柄まできちんと解説できないようでは
まさに大乗=非仏説を証明するような一例ではないかと感じてしまいます。

43 :神も仏も名無しさん:2019/07/08(月) 17:17:20.70 ID:3Ehv4jcO

エマニュエル・スウェデンボルグの書いた「霊界日記」

タイトルだけ聞くと胡散臭いのですが、原書は大英博物館に収められています。
このスウェデンボルグという人は、カントと同時代の人で、
当時のヨーロッパでは不思議な人物として、最も有名な人でした。
実は専門はオカルトではなく、物理学、数学、化学などで偉大な業績を残している学者なのです。
ある日突然、生きたまま霊界と現世を行き来することができるようになり、
遠くの火事を予言したり、国王のなくした物を言い当てたりすることができるようになりました。
彼の語る天界と地獄界の構造には非常に納得できるものがあり、
勇気付けられる部分も多いです。
つまり、現世で一生懸命生きたことは必ず報われると信じられるようになるから。
カントは面会を希望して手紙を出したのですが、断られたというエピソードが残っています。

フロリダ在住の精神科医が「前世療法」という本を書いているのですが、
そこに出てくる事柄のいくつかが、スウェデンボルグの霊界日記に出てくる事柄と
共通している部分があり、これによって彼等の語る死後の世界を信じられる気がするのです。

前世療法も、催眠療法を使う精神科医が体験した症例を紹介した本当の事例なので

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1376919963?__ysp=5Y2B5L2P5b%2BD

44 :神も仏も名無しさん:2019/07/10(水) 07:53:16.51 ID:zbs77PV0

第十住心のみ深秘釈を与えて密教の世界を鮮明ならしめている。
第十住心の密教の世界は説段ごとに龍樹の『菩提心論』三摩地段を引用している。
空海は三摩地法門なる密教特有の瞑想実践の部門の理論的根拠を『菩提心論』にもとめ、『十住心論』の九顕十密に対して、
『宝鑰』が九顕一密といわれるとおりの立場を明確に打ち出している

第一住心=異生羝羊心−倫理以前の世界
 無知な者は迷って、わが迷いをさとってない。雄羊のように、ただ性と食とのことを思つづけているだけである
第二住心=愚童持斎心−倫理的世界
 他の縁によってたちまちに節食を思う。他の者に与える心が芽ばえるのは、穀物が播かれて発芽するようなものである。
第三住心=嬰童無畏心−宗教心の目ざめ
 天上の世界に生まれてしばらく復活することができる。それは幼な児や子牛が母にしたがうようなもので、一時の安らぎにすぎない。
第四住心=唯蘊無我心−無我を知る
 ただ物のみが実在することを知って固体存在の実在を否定する。教えを聞いてさとる者の説はすべてこのようなものである。

45 :神も仏も名無しさん:2019/07/10(水) 22:00:30.55 ID:zbs77PV0

第五住心=抜業因種心−おのれの無知を除く
 一切は因縁よりなることを体得して無知をとりのぞく。このようにして迷いの世界を除いて、ただひとり、さとりの世界を得る。
第六住心=他縁大乗心−人びとの苦悩を救う
 一切衆生に対して計らいなき愛の心を起すことによって、大いなる慈愛がはじめて生ずる。すべての物を幻影と観じて、ただ心のはたらきのみが実存であるとする。
第七住心=覚心不生心−一切は空である
 あらゆる現象の実在を否定することによって、実在に対する迷妄を断ち切り、ひたすら空を観ずれば、心は静まって何らの相なく安楽である。
第八住心=一道無為心−すべてが真実である
 現象はわけへだてなく清浄であって、認識における主観も客観もともに合一している。そのような心の本性を知るものを称して、仏(大日如来)というのである。
第九住心=極無自性心−対立を超える
 水にはそれ自体の定まった性はない。風にあって波が立つだけである。さとりの世界はこの段階が究極ではないという戒めによって、さらに進む。
第十住心=秘密荘厳心−無限の展開
 密教以外の一般仏教は塵を払うだけで、真言密教は庫の扉を開く。そこで庫の中の宝はたちまちに現われて、あらゆる価値が実現されるのである。

49 :神も仏も名無しさん:2019/07/19(金) 06:13:45.01 ID:vFky8uWf

護摩供養は迷信です; 儀式では真理を発見することはできません。

55 :神も仏も名無しさん:2019/07/24(水) 01:51:23.66 ID:1pz+B9p6

ベストアンサーに選ばれた回答

sia********さん
2019/7/2320:02:50
説一切有部だと思います。

五位七十五法の

有為法が五蘊であり一切であり無常。

無為法が五蘊を越えた実在原理。

無為法の虚空がプラクリティー

択滅がプルシャじゃないかな。

五位七十五法で調べてみて無為法を読んだら五蘊超えてるのがわかると思います。

ですが、有為法は無常と言いながらこれを含んだ七十五法は実在なので

どうみても矛盾しています。

58 :神も仏も名無しさん:2019/07/28(日) 01:19:22.92 ID:yO+9UhkV

許すことができれば自分の魂のステージが上がり、悟りに近づくという恵みがある。

59 :神も仏も名無しさん:2019/07/30(火) 07:25:35.81 ID:CfG4m5CN

所知障の消し方にはどういう方法がありますか?
知らなくてもヨカッタことがある。
また知ってしまったために後々、その経験や思いが習気となり、執着を生む素になったり、大きな目で見て苦の起源となっているような諸事もあるらしい・・・
案外子供の頃にそれが形成されたのかも、と催眠療法の研究を通じて、わかってきました。

61 :神も仏も名無しさん:2019/08/01(木) 07:03:05.35 ID:bmjJU4xs

仏陀自身が教義を書き残さず、経典に残すことを禁じていたのだから、すべての経典は仏陀の意思にそぐわないものという意味で偽典であろうかと思います。
どれが本物偽物というより、みんなダメ。
大切なのは文言や字面ではなく、仏陀との対話を通じて弟子の一人一人が気づかされたことであって、言葉自体は正確であったとしても、
他の弟子のもらった言葉は別の弟子の悟りの助けにはならない。

62 :神も仏も名無しさん:2019/08/03(土) 05:46:46.40 ID:lh49O7DT

法則みたいな固定的常住普遍の実体があるわけでもない(無自性)

無我の境地

その人がどこまで行くかですが、
レベル4の唯蘊無我心〜レベル9の極無自性心ですね。

レベル10の秘密荘厳心は、
「無我」ではなく「大我」

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10140024380?__ysp=5qW154Sh6Ieq5oCn

68 :神も仏も名無しさん:2019/08/13(火) 08:01:15.38 ID:pTB8ke3/

全日空機雫石衝突事故を知っていますか?
日航123便事件真相隠蔽の理由の一つとして、この事故も関係あるような気がしますが、どう思いますか?
ぜんにっくうきしずくいししょうとつじこ
は、1971年(昭和46年)7月30日に発生した航空事故(空中衝突)である。
岩手県岩手郡雫石町上空を飛行中の全日本空輸の旅客機に航空自衛隊の戦闘機が飛行中に追突され、
双方とも墜落した。自衛隊機の乗員は脱出に成功したが、機体に損傷を受けた旅客機は空中分解し、乗客155名と乗員7名の計162名全員が死亡した。
1985年(昭和60年)8月12日に日本航空123便墜落事故が発生するまで、日本国内の航空事故としては最大の犠牲者数を出した事故であった。

71 :神も仏も名無しさん:2019/08/21(水) 01:50:29.68 ID:DnuzGZ+3

宇宙とは
「三界の頂点の一つの存在が一度に観ている夢」

81 :神も仏も名無しさん:2019/09/06(金) 05:34:41.87 ID:7pZirajB

「この世界はすべてアートマンにほかならない。それは唯一のものである。しかし一方では、
アートマンは純粋な意味で認識の主体にほかならないのであるから、決して対象にはなりえない。
したがってそれは把握することも表現することも究極的には不可能であって、
アートマンは「〜ではない、〜ではない」(ネーティ、ネーティ)としか言いようのないこと」

85 :神も仏も名無しさん:2019/09/07(土) 08:34:22.17 ID:kyCtLSSc

>>82-83

印哲
一から勉強し直したら?

91 :神も仏も名無しさん:2019/09/10(火) 03:50:46.55 ID:kf46oPLA

馬渕睦夫×河添恵子 八重洲ブックセンタートークショー(日韓問題・香港デモ・ディープステート)

95 :神も仏も名無しさん:2019/09/22(日) 12:17:47.34 ID:HUky0uawp

一三 もしも「結果は〈縁が変化して成立したもの〉である」というならば、その縁は自存(自分自身にもとづいて成立)しているものではない。
またもしも結果が自存しているのではない〔縁〕から現われ出るのであるとするならば、その結果は、どうして〈縁が変化して現われ出たもの〉であると
いいえようか。

一四 それ故に、結果は〈縁が変化して現われ出たもの〉ではない。また〈縁でないものが変化して現われ出たもの〉なのでもありえない。結果が無いのであるから、
どうして〈縁〉と〈縁でないもの〉とがありえようか。

(以上、中論第1章 原因(縁)の考察)

出典:
http://nagarjuna.jugem.jp/?cid=15

さらに言えば、龍樹のこの薪の喩えは明らかに中部の火ヴァッチャ経から着想を得ています。

>不生不滅は、般若心経に出てくるので有名ですが、そこでは、「空」ゆえに不生不滅とされています。

それは、空、つまり存在には、その本質たる不滅の実体が無いから、本質としては生まれていない(不生)、生まれていないものは滅することも
ない(不滅)というのが伝統的な解説のようです

100 :神も仏も名無しさん:2019/10/01(火) 08:42:29.50 ID:6h4xCoYu

122件をまとめました。
最新情報はこちら