嫌儲アズールレーン部 [126221523]

1 :鉄チーズ烏 ★:2019/11/12(火) 06:06:21.22 ID:MNfBDqG19.net
米映画監督ウディ・アレン氏が、4本の映画契約を不当に破棄されたとして、アマゾン・スタジオを相手取り起こしていた訴訟で、両者が8日、和解した。

アレン氏は今年2月、6800万ドル(約74億円)の損害賠償を求めてアマゾン・スタジオを提訴した。当時、アレン氏には養女への性的虐待疑惑が浮上していた。

アマゾン側は、アレン氏のMeToo運動をめぐる発言が、同氏の新作映画をプロモーションしようという同社の試みを「妨げた」と非難した。

■残り3作品も中止

アレン氏と米女優ミア・ファロー氏の養女、ディラン・ファロー氏は、1992年にアレン氏から性的虐待を受けたと主張したが、後に敗訴した。

2016年に交わされた契約では、アレン氏は1000万ドル(約10億円)の前払い金を受け取った。しかし2年後の2018年、「A Rainy Day in New York」の公開が見送られたほか、残りの3作品についても中止が決まった。

■ワインスティーン被告に同情

アマゾンがアレン氏との契約を破棄する少し前、アレン氏は米ハリウッドの映画プロデューサー、ハーヴィー・ワインスティーン被告(67)に同情するなどと述べたと報じられた。

ワインスティーン被告は、複数の女性から性暴力を告発された人物。当初は無罪を主張したが、今年5月には、告発した女性たちに約4400万ドル(約48億2000万円)を支払うことで、両者の間に暫定的な和解が成立した。

10月には米女優ローズ・マッゴーワン氏が、口封じを狙って脅迫されたなどとしてワインスティーン被告を提訴した。

■MeTooの「象徴的存在」

アレン氏は、7歳の時に性的虐待を受けたと繰り返し主張するディラン氏を、「皮肉なことにMeToo運動を利用した」と非難した。

アレン氏はまた、アルゼンチン放送局「エル・トレセ」のインタビューで、これまで「数百人の女優」と一緒に仕事してきたが、「養育権訴訟の中で1人の女性に告発されただけ」と説明。

自分こそ「MeToo運動の象徴的存在であるべき」だと主張した。

アマゾン・スタジオは、アレン氏の発言は同社の財務上の安全性を揺るがしたとして、契約破棄の正当性を主張した。

アマゾンは、「多数の俳優や女優が、過去にアレン氏と一緒に仕事をしたことへの深い後悔を表明した。そして多くが今後、同氏とは決して仕事はしないと公に宣言した」と指摘した。

これに対し、アレン氏は、ディラン・フェロー氏がこうした主張をしていることを、アマゾン側は契約時に十分認識していたと反論した。

■海外で最新作公開へ

アレン氏の会社Gravier Productionsは今年、「A Rainy Day in New York」のアメリカ国外での公開にこぎつけたが、同国内での公開は未定のままだ。

同作に出演する米俳優ティモシー・シャラメ氏と英女優レベッカ・ホール氏は昨年、自分の出演料をチャリティに寄付する考えだと述べた。

2019年11月11日
https://www.bbc.com/japanese/50371439

0件をまとめました。
最新情報はこちら